ネット銀行は普通の銀行と何が違うのか?

ネット銀行とは基本的には店舗を持たずにインターネット上で運営されている銀行のことです。

口座を開設した人は、インターネット上で振込や残高照会などを完結させることができます。そのため、本来であれば振込や振替などのためにわざわざ銀行のATMや窓口に足を運ばなければいけなかったことも、自宅や会社などインターネットが使えるところであれば、どこでも簡単にできるのです。

また、店舗(支店)を持たないことで、人件費や施設・設備費などのコストを抑えた経営をしています。コストを抑えることで金利を高くしたり、手数料を安くするなど、利用者のメリットとなるサービスを提供し、普通の銀行との差別化をはかっています。

ネット銀行の種類

ネット銀行と一口に言っても形態は様々で、大きく分けると以下の3つに分けることができます。

  • オンラインバンキング
  • ネット支店
  • ネットバンク

それぞれの種類によって「店舗の有無」「通帳の有無」など特徴が違います。

  オンラインバンキング ネット支店 ネットバンク
店舗サービス(窓口) あり あり なし
通帳の有無 あり なし なし
預金金利 低い やや高め 高い
振込手数料等 高い やや安め 安い
代表的な会社名

三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
あおぞら銀行
インターネット支店
新生銀行
住信SBIネット銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行(旧イーバンク銀行)

オンラインバンキング

店舗や営業拠点、ATMを持つ普通の銀行が提供しているサービスです。インターネット上で振込や残高照会をすることができるだけでなく、店舗があるため窓口のサービスも利用できます。

ネット支店

通常の銀行が運営しているサービスです。ネットバンキングとは違い「ネット支店」という特殊な支店で取引を行うことになります。基本的に預金通帳は発行されず、インターネット上で残高を見ることになります。銀行窓口サービスが一部制限される代わりに、手数料や金利などが優遇されるケースもあります。

ネットバンク

インターネット専業銀行です。基本的には店舗を持たないため、窓口サービスを利用することができません。そのかわり、金利が高いことや手数料が安いなどのメリットがあります。所謂「ネット銀行」とはこの形態のことを指します。

ネット銀行を選ぶときには、こうした各銀行がどのような種類に分類をされるのか?ということも理解してから選んでください。

ネット銀行の金利を比較|Let'sネットバンク Copyright (c) 2011-2015 All right reserved.